読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

過程が先か 結果が先か J1第30節vsサガン鳥栖

セレッソ大阪 2013

去年の開幕戦で初めて訪れたベストアメニティスタジアム*1

ゴール裏売店の焼酎バーに魅せられ踊らされ、記憶をなくして後悔し、今年こそはあの焼酎バーに勝つ!と意気込んだ2013年シーズン開幕当初。

予想外のことが色々と重なり、結果的には鳥栖遠征を断念し、アウェイ恒例となったCHANTで観戦。

正直、ここまであちらにのめり込むとは思わなかったので。

 

試合の方は、雰囲気がまずかったなと。選手もサポーターも。

「鳥栖なら勝てる」っていう気持ちがどこかにあって(自分も含め)、「とりあえず勝って次。」と誰もが思っていたように感じた。(夏の時点で足らないものが何かわかっていた方には謝ります。申し訳ありません。)

その結果がこれである。鳥栖にはうまく足元をすくわれたという感じ。

 

曜一朗が試合後流していた涙が、チャレンジリーグ最終節で敗れて泣いていたレディースの選手とダブって見えた。

 

これで優勝が厳しくなったことは間違いないが、できることは残り4試合に全てを出し切ること。

まずは4試合全勝。結果的に優勝を逃しても、必ず来季につながる。

 

最後まで戦え!

*1:意外かもしれないがJ2時代は東京在住のゆるサポでした