読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

第7節アウェイ福岡AN戦 試合を締める

一週間も遅くなりましたが更新しておきます。

トップ浦和アウェイ⇒レディース福岡アウェイ⇒ゴイコ、グルイッチ見送りで翌日から仕事に没頭しておりました。

 

さて。第一クール最終節となる第7節。ラーメンを食べて筆者初めてのレベスタへ。

芝生がきれいでこれは自分たちのサッカーができるなぁと。

しかし相手は開幕当初こそ絶不調が続いたが直近で高槻、ノジマに連勝したアンクラス

厳しい試合になることは間違いなかった。

 

開始早々の失点は何としても防ぎたかったが、いい位置でフリーキックを与えてしまい、直接決められ失点。素晴らしいシュートであれはいくら福永といえ止めるのは難しい。

しかし、ペースを握った桜撫子たちは高い技術とチームワークで幾度となくゴールに迫る。

前半こそ同点ゴールは奪えなかったが、後半もそのペースを維持する。

 

ボランチの古澤留衣に代えて野島咲良を投入し、左のアウトサイドの前川美紀をボランチに下げると、前川の視野の広さ、判断の早さが早速実を結ぶ。

エース松原志歩が最前線でタメを作って相手DF3人を引き付けると、右に空いたスペースにキャプテン西田明華が飛び出す。

キーパーが飛び出してくるも先にボールに追いついた明華が折り返すと、ファーからフリーで飛び込んだ、先ほど投入されたばかりの咲良が値千金の同点ゴール。

映像でもう一回見たいくらい素晴らしい崩しだった。

 

さらにその直後。右サイドの玉櫻ことの、橋満香郁に志歩、明華が絡んで見事な崩しを見せると、最後はDFラインとキーパーの間に玉櫻が見事なラストパス。2列目から絶妙なタイミングで飛び込んだのはまたもや咲良。あとはゴールに流し込むだけだったが、そこまでの流れは素晴らしいものだった。

 

今シーズン初勝利も見えてきた展開になったが、その後、浮ついたのか、舞い上がったのか、自らのミスで2点を許し、再逆転され、敗戦。

攻撃面でいいところが出ただけに、もったいなかった。でも、それも経験。前に圧力をかけてきた相手のいなし方、かわし方を覚えて試合を締めにいくってことを勉強するいい機会になったと思う。

ひとつひとついろんな経験を積んでそれを自らの糧にしていけば、必ず笑える日はやってくる。

今の目の前の一勝よりももっと大事なものはある。ちゃんと積み重ねていって、勝ったときに思いっきり笑えたらいいね。

 

まだまだ15試合も残ってる!!

NEVER STOP, NEVER GIVE UP!!桜撫子!