読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

【ガールズ】関西リーグ第七節・第八節 いよいよ大詰め

セレッソ大阪堺レディース/ガールズ 2014

気づけば1か月も更新してなかったようで・・・

第6節南津守での豊津女子戦はレディースのアウェイハリマ戦とかぶってしまい見に行けなかったので、第5節の京都暁戦(11-0の大勝!)以来の関西リーグ観戦となった。

一応、1位と2位が一部リーグに昇格となっているが、昨年の入替戦で大勝したセルコバが同じカテゴリーにいたりする(入れ替わってない!!!)ので、ふたを開けてみないとよくわからない。


セレッソ大阪堺ガールズはINAC神戸レオネッサBと引き分けた以外は全勝ペースで、INACセレッソ以外にはここまで全勝(ちなみに、直近は情報がなさ過ぎてわかりません。関西サッカー協会、仕事しろ!)で、優勝争いはこの2チームの得失点差争いになりそうな状況だ。



セレッソの第6節の相手は前述の通り入替戦で、今やチャレンジリーグで活躍する脇坂、矢形、井上らの大活躍によりボコボコ(9-0で勝利)にした高槻北大冠ZELCOVA FCと。

またも派手な試合を見せてくれるのではと期待に胸を躍らせながら二日酔いの体に鞭打ってJ-GREEN堺に向かったのだが・・・
メンバーは中学生が主体であったが、なぜか1期生なのにそこに混じってる志摩・河原。

試合の方は予定通りというか予想通り期待を大きく裏切ってくれる内容で、CBなのに流れの中から2点を放り込んだ志摩のおかげさまで、2-1で辛勝するという体たらくぶりだった。
連携はちぐはぐ、相手のプレスが甘くてもミスしまくる、シュートの意識が低くゴールが見えても打たない。
まだまだ成長過程だなと思いつつ、個人的には志摩の躍動ぶりに少し心が躍った、そんな試合だった。

ここで得失点差を大きく上積みできなかったことで、優勝は厳しくなったかな。って思ってた。



で、翌週。今度は一転、万博グランドへ。言われへんクラブの練習場があるとこです。
対戦相手はおおつヴィクトリーズ。全女ユース(U-15)の関西大会なんかで当たったこともあったような。

この日は河原祭り(あかんほうの)。
前半から持ち前のスピードとフィジカルを生かして裏へ抜け出すシーンが何度あったか。
ただ・・・シュートが全く枠に行かない。フリーで打っても。いくらなんでも爪を隠しすぎやで。
結局シュート3本で枠内ゼロ。キーパーと一対一やったやん。。。

それでも、中村や西垣内らのゴールで2点を奪って前半を折り返すと、後半ようやく河原のシュートが枠に。
その豪快なイメージとは真逆の、キーパーのタイミングをずらした見事なシュートでゴールゲット。
最後は途中出場の宮本がファーストタッチでゴールを決めて結局4-1。

前節よりは内容も改善されてたし一安心。
失点シーンについては「志摩さん、勝手に反省してください」の一言。

これで残すはあと1節。


仕事をしない関西サッカー協会様のおかげで現在の状況が全くわかりませんが、他から入った情報によると、この日行われたINAC B対大阪市LFCの試合が引き分けに終わったとのことで、てことは必然的に次の試合勝てば優勝が決まるようです。(なお、関西女子サッカーリーグのHPではまだ6節終了時くらいです)
最終節の相手はヴィスポさやま。しっかり勝って、さくっと優勝を決めてしまいましょう。



で、勝ったら優勝は決定やけど、昇格は決定すんの?入替戦あるの?
いっちょ前にHPとか作ってるんならせめて試合結果くらい全試合アップしましょうよ、関西サッカー協会様。


そして、いよいよ来週13日はチャレンジリーグが再開される。

個人的には、開幕前の怪我で長期離脱していた井上の復帰が楽しみだ。
13日は無理かもしれないが、最終節までに必ず復帰してくれることを期待している。
【セレッソ】優勝と嬉しいニュース【セレッソブログ】