読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

立て続けに!プレーオフ第2節!!

悔しい敗戦から中4日。あっという間に迎えた第2節。
相手は静岡産業大学磐田ボニータ。同じWESTでリーグ戦を戦い、今シーズンは3戦3勝と力の差を見せた相手である。

普段練習している南津守での試合とあり、前回に比べてかなりリラックスした入りではあった。
相手の攻撃は徹底してサイドの裏。CFがサイドバックの裏に流れて起点を作り、あとはスピードとパワーで勝負を仕掛けてくる。
何度かピンチはあったもののしっかりと対応できていたセレッソ
しかし、左サイドペナルティエリア外へのロンクボールを足で処理した絵梨香から麗奈へのパスがずれ、すかさず反応した相手が無人のゴールへ流し込み先制。

ショックの大きい失点だったが、直後から絵梨香がしっかりと切り替えられていたのはよかった。そして、攻撃の圧力を増したセレッソは、前半終了間際に明華のゴールで同点に追いつく。


このまま勢いに乗るかと思われた後半であったが、なかなか逆転ゴールを奪えず焦りが出始めると、カウンターから逆にゴールを奪われ、再びビハインドを背負う。

しかし、前節の悔しさを忘れていない桜なでしこは、ここからトップギアに。疲れを見せ始めた咲良に替えて玉櫻を投入すると、前線を走り回り、かき回すかき回す。コンパクトに保っていた相手ディフェンスラインを下げさせると、中盤に余裕の出たセレッソが試合を支配し始める。

同点ゴールが生まれたのはコーナーから。森中からのペナルティエリア外へのグラウンダーのパスをダイレクトで蹴り込んだのは井上!

もう一度言います。

ダイレクトで蹴り込んだのは井上!!井上陽菜です。

多分公式戦初ゴールのはず!

取り乱しました。
陽菜様のゴールで再び同点とすると、流れは完全にセレッソに。
前線の選手が流動的に動き、攻撃に次ぐ攻撃。そして、右サイドから崩し、中央左側正面にいた穂之香にボールが渡ると、少しコントロールに手間取ったが迷わず左足を振り抜き、ついに逆転。

香川真司のチャントが南津守に響き渡る。


さらに攻撃に厚みを増したセレッソ。相手が前に出始めるとスペースができ、さらに試合を自分たちのものにしていく。追加点は直後。左サイドの菜々美から縦へのスルーパスに流れて抜け出した玉櫻。その流れたスペースにフリーで入ってきたのは明華。キーパーとの一対一を冷静に沈め、この時点で得失点差は±0に。

しかしまだ終わらない。この日の締めはカツオ。立て続けに左コーナーがあり、観客の期待通りのボールを上げたのは穂之香。
1度目はキーパーに阻まれたが、2度目はしっかりとゴール。分かってても打てないストレートを思い出した瞬間でした。カツオさん、あっぱれ!穂之香、あっぱれ!!


結局試合は5-2で終了。
今日は森中の凄さが出まくった試合だったけど、何より嬉しかったのは井上のゴール。ゴールを決めてそのままアウトする姿は見えかっこよすぎました。

プレーオフは残り1試合。EAST一位の横浜FCシーガルズ。しっかりと勝って、自動昇格を掴み取ろう!!