読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

2015昇格!

チャレンジリーグプレーオフ最終節。相手はEASTの覇者、横浜FCシーガルズ

初戦の常盤木戦で、EASTのレベルの高さを感じていたので、この試合に対しては期待と同じくらい不安があった。


会場は横浜市とは思えないほどの僻地にあるかもめパーク。まあのどかでしたわ、藤原。
ピッチは人工芝、観客席などはない、いわゆる金網デスマッチ。

スタメンは前節から少しいじって。ボランチに井上、右SBにみき。

序盤こそ悪くない入りをしたものの、相手の寄せの速さや足下のうまさで要所要所で競り負け始めてゲームを徐々に支配されると、早い時間に2度の決定機を作られる。
ここを絵梨香のファインセーブでしのぐと、ディフェンスラインの集中度は増した。

なかなか自由にボールをもたせてもらえなかったが、一本のカウンターから咲良のファインゴールで先制。

その後も苦しい時間が続き、なかなか主導権は握れないままだったが、相手の攻撃をなんとかしのぎ、そのまま前半終了。

やはりEASTはレベルが高い。このままだと後半やられる。そう思って臨んだ後半。メンバーチェンジは井上と脚を傷めていた森中に替えて8と20、志歩とことの。
やかちゃんとことのの快速ツートップでさらに前に出て追加点を取りに行くという明確なメッセージに選手が応える。

後半開始直後、麗奈の高い位置でのボール奪取から明華のスーパーミドルが炸裂すると、そこから5分でさらに2点を追加し、完全に試合の流れに乗った。
直後にコーナーから見事な大かぶりで1点返されるも、さらにその直後にことのが快速を飛ばしてゴールを奪い、5-1。

まだまだ得点を奪いにいったが追加点は奪えなかったものの、最後まで集中を切らさず相手の攻撃に耐え、そのまま試合終了。

試合前、ハーフタイムの不安はどこかへ吹き飛んでしまう圧勝で最後はお祭り状態。


でも挨拶のときは涙で顔をぐしゃぐしゃにする明華、とその横にいる志歩。

けど、「セレッソは、なでしこ2部でも優勝する力を持ってると思うので、来年は必ず優勝して1部に上がります」発言には度肝を抜かれた。でも、彼女たちならやってしまいそうな気がする。

勝利を目指して走れ!セレッソ大阪



そして、次は、レディースの次世代を担うガールズの昇格戦が。
一緒に上がれるように頑張ろ。