読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

CL入替戦予選大会第2節

昨日に引き続き裾野市は時の栖スポーツセンター。
未明から降る雨の中、今年度千葉県女子サッカーリーグの覇者、オルカ鴨川FCとの対戦に挑んだセレッソ大阪堺ガールズ。

一回り体の大きく、年齢層も上のチームとの対戦に加え、最悪ともいえるピッチコンディション。苦しい試合になることが予想された。


序盤から前への圧力をかけてくるオルカに対し防戦一方になるセレッソ。とにかくサイドの裏へのロングボールを蹴って、あとはスピードと個人技で突破してクロスという何ともわかりやすい攻撃であったが、まだまだ小柄でフィジカルがついてきていない中学生年代には対応が難しく、2点のビハインドを背負う。

対するセレッソもいつものように中盤での細かいパス回しはさせてもらえず、押し込まれてのカウンターに頼ってしまう。
そんな中でも数回チャンスを作り、待望の今大会初得点が生まれる。左サイドから抜け出した田中智が最後はPA内でディフェンスをかわすと、至近距離から豪快に決めて1-2。

そこから徐々に相手の攻撃にも慣れ、逆に攻勢に出たがネットは揺らせずそのまま前半終了。

後半は逆転を目指して攻勢に出たかったセレッソであったが、ギアを入れ直してきた相手にまたも押し込まれる展開に。
得意のサイド攻撃から2点を追加される。

終盤、中央を抜け出した田中智がキーパーに倒されPA内で倒され、PKをゲット。得点機会阻止の相手キーパーは当然一発退場。
このPKを田中実がしっかりと決めて2-4に。

さらに追加点を奪いに行くセレッソであったが、人数が少ない相手を最後まで崩し切れなかった。
しかし、終始相手を翻弄する上手さを見せた田中智は、大物の片鱗を感じさせてくれた。今後も期待したい。

これで予選大会突破は厳しい状況になった。
しかし、明日の試合結果によっては突破の可能性もまだ残っている。


f:id:toraxcross:20151102171821p:image
第一試合のレオンチーナ対オルカ鴨川にオルカ鴨川が勝てば、セレッソにもチャンスは残る。
勝点、得失点差、得点がレオンチーナと並んだ場合は昨日のPK戦の結果が効いてセレッソが上位となる。


結果はどうなるかわからないけど、最後まで走り抜けてほしい。