読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

第4節愛媛FC@愛媛球

セレッソ大阪堺レディース/ガールズ2016
前節、あっさりと2部初勝利を挙げたセレッソ。今節の相手は愛媛FCレディース
敵地に乗り込んでの一戦。会場はニンジニアスタジアムの横っちょにある球技場。
ピッチはこんな感じでイレギュラーし放題でした。

f:id:toraxcross:20160416204814j:image

前にここに来た時は確か成迫がすんげぇゴール決めたっけ??


何せ久しぶりの対戦で、実力は未知数に近かったが、主導権は握れると思ってたけど、さすがは愛媛FC。昇格争いはほぼないに等しいが残留争いにも巻き込まれない安定した強さがあった。

正直言って、内容はセレッソ的には全く面白くない試合で、前半に至ってはほぼ主導権を握られ続けた。

完璧に崩されて先制を許し、1点ビハインドで前半を終えたが、後半、わずかに引き寄せた流れを無駄にせず、穂之香が同点ゴールを奪う。

これで勢いに乗ったセレッソがさらに攻め立てるが逆転とはいかず、逆に落ち着きを取り戻した愛媛に再度ペースを握られてしまう。

すると、後半終了間際に右サイドの嫌な位置で木戸がファールを犯してフリーキックを与えると、それを中でドンピシャで決められ、万事休す。


と、思いきや、勝負はまだ決していなかった。
残りのわずかな時間で同点とするべく、捨て身で攻勢に出ると、とうとうあの選手に待望の今シーズン初ゴールが生まれる。

両サイドを広く使いながら愛媛ディフェンスを崩し、左から抜け出した森中の素晴らしいクロスに体を投げ出して飛び込んだのは8番、松原志歩。キーパーと交錯して少し傷んだが、臆することなく飛び込み、値千金のゴールを決めて見せた。

さらに残り数分にかけて両チームとも前に出るが、チャンスには至らずそのまま試合終了。


最後は負けを覚悟しただけに、よく追いついたと思う。

しかし、試合を通してほとんど自由にさせてもらえることがないのは衝撃だった。愛媛は個の力で劣る分、どの局面でも素早く数的優位を作っており、穂之香や明華がいつものようにプレーできなかった。いいチームやな、という印象。

でも、悪いながら勝ち点1を拾って帰れたことは大きい。
次節からのホーム6連戦でしっかりと積み重ねていきたい。



今日の井上。ピッチ外では安定のムードメーカーっぷりを発揮するものの、試合に入るとその目はハンター。
今日も難しい局面で途中出場となったが、持ち前の運動量とチェイスの早さは相変わらず。

井上ポーズ、流行らせよう。


ではまた来週!