読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

第5節広島@JG堺S1

セレッソ大阪堺レディース/ガールズ2016
前節、アウェイ愛媛戦で後半ATに志歩の執念のゴールで追いつき、ホーム6連戦に向けて波に乗りたいセレッソ
対するは今季未勝利で最下位に沈むアンジュヴィオレ広島

前回対戦時はセレッソにとっては脅威だった斎原がオフの間に退団しており、これが最下位に沈む1つの要因かもしれないな、と。

f:id:toraxcross:20160424204531j:image

試合はあらかた予想していた通りセレッソがペースを握る展開に。
明華が先制点を叩き込み、穂之香のスーペルゴラッソで2点を先制するも、それで気が緩んだか、中途半端な守備になり前半のうちに同点に追いつかれる。

後半も時間帯によってはペースを握られたが、大半はセレッソが支配する展開に。
前半は見せ場を作れなかった咲良と、後半頭から投入された菜々美にモンキー井上が絡んで右サイドを突破すると、咲良がPA内に進入したところでファールをもらいPKをゲット。

明華がこれを落ち着いて沈めると、さらには直近の試合は全てCBで起用され、最近の代表合宿にも呼ばれなかった宝田が鬱憤を晴らすようにオーバーラップを繰り返し、矢形のヘディングゴールを見事にアシスト。

最後は監督の温情采配で筒井をCBに入れてCFにポジションを移動すると、気持ちいいくらいのエゴを見せまくるも得点には至らず。

逆にATにはオフサイドのセルフジャッジで足が止まった一瞬の隙を見逃してもらえず1点を奪われるもそのまま試合終了。両チーム合計7ゴールの派手な試合となった。


結果、ハリマを抜いて4位に浮上。
まずまずのところに付けている。


まずは6連戦の頭を勝利で終えたことは前向きに捉えたい。
しかし次の相手は開幕5連勝中のエルフェン埼玉。間違いなく厳しい試合になる。
1週間、しっかりと準備してもらいたい。


今日の井上。
特に無し。























嘘です。今季初?のフル出場。
ボランチ楽しいっす!!!」この一言に尽きる。
イキイキしていたのでこっちまで楽しかったっす!!!
後半は右サイドで起点になってたけどサイドで使うには勿体無い選手やね。