読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

第10節横浜FC@南津守G

早くもリーグは半分を終了し、セレッソ大阪堺レディースの折り返し初戦の相手はニッパツ横浜FCシーガルズ
大阪桐蔭出身のまーちゃんのいるチームですね。

終盤でおそらく残留争いを繰り広げることになると思われるこの相手に、何としても勝ちたいところだが・・・。


序盤からセレッソ以上にボールサイドに人数をかけてくる横浜FCに対し、予想以上の苦戦を強いられる展開に。
明華や穂之香が絡んで素早くサイドチェンジできればチャンスを作れるのだが、細かいミスが重なり、押し込まれ、その焦りからさらにミスを重ねるという悪循環に陥ると、一瞬のスキを突かれ先制を許す。

前述の通り、明華や穂之香がうまく絡んでプレスをいなせた場面も何回かあり、高い相手ディフェンスラインの裏を突くチャンスを作るが、シュートが枠に行かない。

前半を0-1で折り返すと、再び流れは横浜へ。流れの中では絵梨香の踏ん張りもあり追加点は許さなかったが、ペナルティエリア右外で不用意に与えたフリーキックを直接決められ、0-2。

こうなるとわかりやすい。捨て身の攻撃に打って出るセレッソ。途中出場の菜々美、咲良の両ワイドがとにかく縦に仕掛けまくる。
すると、左サイドをドリブルで突破した菜々美のクロスにライダーキックで飛び込んだのはそう、咲良。いや、持ってるわという感想。

その後は完全に試合の流れを掴み、穂之香が待望の同点ゴール。
曜一朗バリのトラップからビューティフルなループシュートまで。全てが完璧にハマったゴラッソでした。

さらに逆転を目指すがゴールは奪えず結局引き分けに。

初めて見た人にはいいゲームに見えたと思うし、単体でこの試合だけ見ればよくやったとは思うけど、正直勿体無かった。一対一を豪快に外しまくり、得点はどれも難しい形。。
勝ちを確実に積み重ねていくという精神的な強さも培っていかなあかんね。



今日の井上。
一つ前のやかちとの連携がうまく取れず、守備に追われまくった前半。後半は攻撃参加のシーンも増えた。
にしても無尽蔵やと思ってた井上が終了後にへばってる顔をしてたのが印象的だった。ホンマよく走ったわ。