読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

第14節ちふれ@鴻巣市陸

鴻巣市陸上競技場に佐藤寿人が降臨。

 

今節を最後にU-17女子ワールドカップに向けて発ち、残りのリーグ戦は出場しない予定の宝田沙織が魅せた。

 

ちふれASエルフェン埼玉はさすが1部経験のあるチームで1つ1つのプレーの精度が高い。シュート以外は。

セレッソは、宝田以外にも脇阪麗奈、野島咲良、北村菜々美の3人もワールドカップに参加するとあって4人をいい形で送り出したいといつもに増して気合いがたっぷり。そして相手はまだ勝ったことがない強敵。一人一人が驚異的な集中力を保った。

 

前半はスコアレスで折り返し、試合が動いたのは後半17分。前から激しいプレスを掛けて奪ったボールが穂之香に渡るとすかさず縦へ速いグラウンダーのパス。

CB2枚の間でこれを受けた宝田が佐藤寿人ばりのターンを見せ、キーパーとの一対一を制して先制。

本人も納得のゴール(佐藤寿人みたいだった、と伝えると本人もうん、うんと頷いていた)だったようで、ヨルダンに気持ちよく向かってくれそう。

 

その後も当然攻撃の手は緩めないセレッソは、矢形に替えて玉櫻を投入すると、この日絶好調の松原志歩にビッグチャンスが訪れるも決めきれず。

ここ最近の躍動感を見てると何か吹っ切ったような印象だが、あとはゴールが欲しい。4人が抜ける次節からに期待したい。

 

結局、玉櫻もチャンスを決めきれず、追加点とはならなかったが、荒川の投入に対して長身の木戸を入れて空中戦を制するなど竹花采配もズバリ。そしてGW1発目のように終盤で追いつかれることの無いよう全員が集中して守り、無失点で勝利!!

 

今シーズンのリーグ戦で初めてちふれに土を付けた。

終了後の挨拶では思わず感極まる明華であったが、2部残留を決めて4人を気持ちよく送り出せるのは本当に良かった。

 

次節からは4人の穴を埋めるために他の選手にもチャンスが回ってくるので、それを活かして次々と覚醒する選手が出てきてほしい。

 

しっかし、相手が大物になるとここまでの試合が出来るのに。そうじゃない相手にもこれくらいの集中力を見せてくれたらもっと強くなるのにな〜。