読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

第15節吉備国@倉敷

セレッソ大阪堺レディース/ガールズ2016

もうすぐ次節が始まるこのタイミングで。

前節のエルフェン戦に勝利して今シーズンの2部残留を決め、4人のリトルなでしこを気持ちよく送り出した桜なでしこ。

 

今節の相手はFC吉備国際大学シャルムカップ戦では力の差を見せたが、リーグのホームゲームでは濱本まりんにやりたいようにやられたため、その仕返しをしたいところ。

 

ちなみに会場はこんなとこ。有料試合なんですがタダでこんなとこから見れます。

f:id:toraxcross:20161001114709j:image

 

主力4人を代表で欠くセレッソは、古澤が久々のスタメン復帰となったが、それ以上に驚いたのは左サイドバック

なかなか上での出場のチャンスがなかったガールズの中学生から、3年の善積わらいが抜擢された。

 

いつも以上に周りの選手のサポートがしっかりしていたこともあり、わらい自身も臆することなく積極的なプレーを見せる。中でも目を見張ったのは、カットインからの強烈なミドル。惜しくもシャナハドソンに頭でブロックされたが、治療のために少し時間が止めるほどの強烈なシュートだった。

 

3期生までと比べてこのようなハイレベルな環境で戦うチャンスが少ない世代であったが、しっかりと伸びていると実感できた。

 

 

が、この日の主役はここ数試合ぐんと調子を上げてきた8番。

まずは29分。明華のスルーパスに抜群のタイミングで抜け出してキーパーと一対一に。左足を振り抜いたシュートはキーパーに弾かれるものの、矢形が詰めて先制。

 

続く37分。今度はことののスルーパスに同じく抜群のタイミングで抜け出して左足を振り抜くエース。先制ゴールのリプレイを見ているのかと思うくらい同じようにキーパーに弾かれるシュート。今度詰めていたのはパスを出したことの。

 

スタンドで応援していたファンが思わず歌いだす「松原ゴールが見た〜い」にベンチで戦況を見つめるラーメン大好きな某コーチも爆笑。

 

前半は2-0で折り返したが、後半早々に1点を取られると、その後は前半以上のオープンな展開に。

井上に代わって入った田中智が積極的に仕掛け、何度も吉備国ゴールに迫ると、吉備国も後半から投入された池尻が左サイドで無双。右SBに入った古澤が押し込まれ続けたが、福永のビッグセーブなどもあり得点は許さず、結局そのまま試合終了。

 

 

正直、4人も抜かれるのはきっついなぁと思ってたけど、期待以上によくやってくれた桜なでしこでした。

 

 

ちなみに地クロ的今日の主役は井上。てことで今日の井上。

唯一の失点の原因となる大被りをやらかした。その後自分で気持ちを立て直せず、焦りからミスを連発。交代直後から試合終了後の挨拶までずっと涙を流し続けた。ただ、涙の止まらない井上にちょっかいをかけるのどを見て、あぁこのチームなら大丈夫、引きずらないな、とホッとした。

けど失点直後に周りが井上に声をかけて落ち着かせてやれるようになったらもっといいチームになれるんじゃないかな。

 

てことで今日は井上祭りじゃー!!!