読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

皇后杯一回戦vs福井工大福井

セレッソ大阪堺レディース/ガールズ2016

行く気は本当になかったんやけども。

何かヨルダンで頑張ってる選手やコーチや、、、を見てて、サボってる場合か、と。

 

ちなみにセレッソ大阪堺レディース皇后杯本戦はこれまで未勝利。といっても本戦出場は今回で2回目。予選に、高校・大学に弱いセレッソレディースでした。

 

今回もその苦手?な高校が初戦の相手。だが今年のセレッソはなでしこ2部で堂々の3位のチーム。格下といえる相手に盤石の戦いを見せてほしい。

 

のだが、、、

 

のっけから相手のイケイケムードに飲まれて押し込まれる時間が続く。ピッチの状態が良くないこともあり、ミスを狙われてるなーって思ってたら案の定、キーパーへのバックパスを見事に狙われ、先制を許す展開に。

久々の試合出場で試合勘に欠けていた西中が先発だったことを差し引いてもいただけないミスだった。

 

試合については、相手はあれだけハードワークを続けてたらどっかで切れると思ってたけど、その前に追加点とか行かれたらシンドイなっていう懸念はあった。

が、失点後にある程度修正してきたので追加点は免れて前半はそのまま。

 

後半はしっかりとダメな点を修正してきたセレッソ。相手の運動量が落ち始めるのに呼応するように前線の選手が躍動し始める。

そして同点ゴールのシーン。パプアニューギニア行きが決まった明華、志歩の2人でDFラインを突破し、志歩の絶妙なクロスに目一杯で飛び込んだのはことの。

 

さらに同点ゴールの直後。緊張の糸が切れたか、福井のDFラインが何でもないロブボールの処理にもたつくと、そこを見逃さずに得点に繋げるのはさすが。逆転ゴールを決めたのはまたしてもことの。リーグ終盤から着実に調子を上げてきている。もっと早くエンジンかかってほしかったけど。。

 

そこからはまぁ一方的な展開には一応できたかな。絶好調の志歩がトドメの一発を決めてジ・エンド。

明華が一対一を盛大に止められるというシーンもあったけど、勝ったから笑えるってだけ。

得点はパプアニューギニアでのゴールのために取っておいたということでお願いします。

 

 

試合は3-1で勝利。

皇后杯初勝利を決めたセレッソ。次の相手は同じカテゴリーのスフィーダ世田谷。今シーズン3度目の正直で勝利を勝ち取りたい。