地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

天命を待つ 第17節

2試合連続の引き分けで首位を再び日体大に明け渡した前節。

負ければ日体大の優勝が決まってしまう可能性もあるといえ状況で迎えた今節、ホーム最終戦はFC吉備国際大学シャルムをJ-GREEN堺に迎えての大事な一戦。

 

f:id:toraxcross:20171001222306j:image

 

下位に沈んでいるとはいえ、残留争い真っ只中の吉備国の緊張感からして、セレッソはここ最近のゆる〜い雰囲気から脱却しないと普通にやられることもあるよなぁと懸念していたが。

 

前節までの2試合に負けず劣らずの緩んだ入り方をしたセレッソ

イケイケ池尻サッカーの吉備国に何度か危ない場面を作られたが、代表から戻った莉奈が安定したプレーを見せる。

 

すると、ハーフウェイラインの少し前で得たフリーキックを筒井が放り込み、前で潰れてこぼれてきたボールに反応したのは咲良。久々のゴールで先制。

 

しかしその後も展開は良くならない。

吉備国のコンパクトに保った陣形からの出足の早い守備に戸惑い、なかなかゲームをコントロールできずにいたが、終盤に差し掛かった頃、今シーズンキャプテンとしてさらに急成長を続ける穂之香がスタジアムを黙らせるワールドクラスのミドルを突き刺す。

 

良くないながらも無失点で前半を終えたが、ちょっと心配な内容。

 

後半は少し改善の兆しを見せると、開始早々に鳴りを潜めていた沙織が意地の一発。

その後、一点は返され、さらに押し込まれる時間帯があったが、最少失点でここを耐えると、早々に交代枠を使い切っていた吉備国は前半から飛ばしまくったツケがきて足がつる選手が続出。

 

1人が負傷退場して数的優位に立つと、ここから無慈悲に殴り続ける。

志歩が沙織の絶妙なポストで抜けてキーパーとの一対一になると至近距離で左足を振り抜いてニアをぶち抜いて4点目。

さらにこの試合キレキレの咲良に代わって入った宮本が志歩からの距離の長いスルーパスに抜け出して右足一閃、ファーストプレーでサポーター困惑のゴラッソで5点目。その場で新チャント投入。

そして最後はやっとこさやかちゃん。セレッソらしい崩しから菜々美のクラスにドフリーでヘッドを決めて6点目。

 

最後まで殴り続けてそのまま試合終了。

f:id:toraxcross:20171001232751j:image

 

ホーム最終戦で気持ちのいい終わり方を出来たのは本当に良かった。

泣いても笑ってもあとリーグはあと1試合。

優勝は日体大の結果次第になるけど、勝って天命を待つ。

 

 

ただ優勝だけ狙って駆け抜けろ!

 

 

今日の井上

オカンが幕に大興奮。

以上!