地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

カップ戦あれこれ

毎年恒例の筆不精期です。。

リーグ10節で中断に入り、2部カップ戦が開幕しております。意味わからんやつです。

 

飛び飛びですが、前半4つのうち長居第二の吉備国際大戦、姫路陸上のハリマ戦は現地に行ってきた。

 

長居第二のゲームはトップチームとの同日開催ということもあり沢山の観客が入った。これまでキンチョウ開催の2試合は大勢の観客が入ったが、いずれも力を出し切れずに終わっており、またクラブからの煽りもあり気合い十分のセレッソ

立ち上がりこそ堅さが見られたが終わってみれば6-0の大勝。煽りポスターに使われた志歩の活躍が光った試合だった。

 

トップチームの8にもいい刺激になったはずだったが、こちらは少し物足りなさが残った。

 

 

そして翌週のアウェイハリマ戦。

今シーズン3度目の対戦。アンカーに留衣を置く4-1-4-1に近い布陣で臨んだセレッソだったが、リベンジに燃えるハリマの粘りに攻めあぐね、後半立ち上がりに失点してリードを許す展開に。

 

それでも技術、戦術、フィジカル全てで相手を圧倒するセレッソが底力を見せ、志歩が前節に続く2ゴールで逆転勝利を収めた。

 

しかし、何と言ってもこの日は井上。

3センターの前目のポジションに入ると、見事な飛び出しでハリマゴールに迫るもいかんせんシュートが…なシーンを連発。気づいたら下げられとった。。

まぁ次、やな。

 

てことで、グループリーグ前半戦を4戦全勝で折り返したセレッソ

残りも全部勝つつもりのようです。

とりあえず決勝進出が決まりそうな愛媛戦ホームゲームは行く予定。キンチョウ開催です。沢山のお越しを。

 

 

決勝は8/12西が丘にて。1部決勝の前座なので楽しみではあります。

 

 

今日の井上

はよ点取れ!

勝負強さ 第10節

中断前ラストはアウェイのハリマ戦。

前節、今季初めて無得点だったセレッソはスタメンを少しいじってきた。

 

f:id:toraxcross:20170528201124j:image

 

サイドバックには久しぶりの出場となった松原妹が、ボランチには井上が入る布陣でスタート。

 

基本的には汚いプレーの多いハリマに対し、松原妹は正直すぎるプレーが多く非常に苦戦したが、井上は水を得た魚のようにピッチを縦横無尽に走り回った。

 

前半、GK西中と左SB北村の連携ミスで失点し、ビハインドで折り返すも、後半は運動量の落ちたハリマを両サイドから殴り続けた。

筒井、松原姉、宝田、矢形と決めるべき選手がきっちりゴールを奪い、終わってみれば4-1の圧勝。

 

 

試合前まで5ポイント差あった首位日体大が愛媛と引き分けてくれたためポイント差は3で2位につけて中断期間を迎える。

 

それにしても、ホームで8-2からのアウェイで4-1って初年度スフィーダにやられたやつだったので、改めて成長したな、と感じた試合になった。

 

来週からはカップ戦が始まるので飛び石になります〜。

 

 

 

今日の井上

持ち味がしっかり出た試合!そして4点目のやかちゴールのアシストは完璧!

言うことなし!これはボランチ本格復帰か!?

OG大活躍!KLSL早稲田vsメニーナ

今日は関東女子サッカーリーグを見に早稲田大学東伏見グラウンドへ。

4試合を終えて1位の早稲田大学と2位の日テレ・メニーナのゲーム。

f:id:toraxcross:20170521213821j:image

 

結果は開幕4連勝中の早稲田の攻撃力をメニーナが封じてスコアレスドロー

前年覇者の早稲田大学は相変わらずの強さやけど、メニーナは流石やな、と。

エースの菅野奏音は高2やし、正月の全女ユースU-18で見て衝撃を受けた岩﨑心南は中3。

4つ以上年上の身体の出来た早稲田の選手相手に堂々と渡り合ってるのは見ててワクワクした。

 

でも、今日のお目当てはセレッソOGの田中実夏。

昨年は出場機会がなかったもののメキメキと力をつけて今年はついにリーグデビュー。

前節の関東学園大戦でスタメンフル出場を果たし、今日は天王山やし流石にベンチスタートかなーと思って向かっていると、まさかのスタメン!(失礼しましたw)

 

到着が前半終了間際になるという大コケをやらかしたものの、フル出場してくれたのでしっかり45分見れました。

 

後半しか見てませんが去年のインカレ女王のチームで堂々とボランチの仕事をこなしてました。守備だけではなく抜群のタイミングで裏抜けするシーンも。スピードはあまり変わってなかったので止められてましたが(汗)

それでも技術面で優れるメニーナの中盤を自由にさせない仕事っぷりは流石でした。

 

 

これは今後も見に行かなくては!と思わせてくれた試合だったので早速今後の予定にがっつり加えさせてもらいました。

神奈川大のあいつも頑張ってくれよ〜!

噂は噂に留まらず 第9節

早くも前半折り返しの第9節。

今季初のキンチョウスタジアム開催試合はチャレンジリーグを一年で昇格してきたオルカ鴨川を迎えての一戦。

 

キンチョウ開催といえば思い出されるのは昇格プレーオフの常盤木戦。

あそこから成長した姿を見せてくれると期待していたが・・・

f:id:toraxcross:20170521061544j:image

f:id:toraxcross:20170521061551j:image

 

そしてリーグ最少失点のオルカの前評判は耳にしていたがその実力やいかに。

 

 

いや、オルカ鴨川、強いですやん。

チャレンジレベルとか言うてた人の目は節穴か!っていうくらい。

攻撃面は個人能力の低さがありあまり怖さはなかったものの、球際にしっかり行くディフェンス、ビルドアップ時のワイドの使い方。引きこもるわけでもないのにあの強固なディフェンスラインはお見事です。

 

激しいプレッシングと攻撃は最大の防御が持ち味のセレッソ

ファール数が相手より少なかったのは初めてじゃない?

そしてシュートはたった4本。攻めてるイメージはあったけどここにもオルカのディフェンスのしぶとさが出てる。

そして8試合で25得点と抜群の攻撃力を誇るセレッソが無得点で終わったのも今季初。

 

常盤木戦のようにガチガチにはなっていなかっただけに、「オルカ普通に強いやん」という感想。

それにしてもシュート4本は少なすぎるけど。もっと遠目から狙っていってもよかったかも。キーパーもかなり前に出てたし。

f:id:toraxcross:20170521061530j:image

f:id:toraxcross:20170521061622j:image

 

日体大に食らいついて行くにはしっかり勝ちたかったが、球際でバチバチやり合う面白い試合が観れたのでよかった。これは俄然アウェイが楽しみです。

 

 

このストレスは次節、ハリマ戦で解消しよう。8得点、もう一回やったれ!

早くも二桁!第8節

前節、首位日体大に敗れ今シーズン初黒星を喫したセレッソ大阪堺レディース

今節は思い出の地へ乗り込んでのスフィーダ世田谷戦。(参照:http://cross-crawling-on-the-ground.hatenablog.com/entry/2014/06/22/114152

 

f:id:toraxcross:20170514192801j:image

 

スフィーダはシーズン序盤こそ下位に沈んでいたがここ数試合調子を上げて来ている。去年のこともあるので嫌なタイミングで当たったな、という印象。

 

しかし、そんな心配は杞憂だった。

矢形のゴールであっさり先制すると、直後には穂之香の絶妙な飛び出しから2点目を奪い、さらにはエースナンバー松原志歩が素晴らしいテクニックを見せてチャンスを作ると最後は矢形が右からえぐって沙織の今シーズン10点目をお膳立て。

 

後半も勢いは止まらず、途中出場の宮本のアーリークロスから何度も見せ場を作っていた松原が4点目。最後はU-17ワールドカップ優勝メンバーのソンアがミドルを沈めて終わってみれば5発の快勝。

 

何度か決定的なピンチもあったが当たってる西中の牙城は崩されず、全員で最後まで集中してクリーンシート達成。

 

見事な勝ちっぷりでした。

 f:id:toraxcross:20170514194652j:image

 

開幕からの連続ゴールは途切れたものの今日も得点を決めた宝田沙織は8試合で10ゴール。

去年の2部得点女王植村の11得点に早くもあと1点まで迫った。

目指せ30得点!

 

次節はオルカ鴨川キンチョウスタジアムに迎えてのホームゲーム。

去年チャレンジリーグを圧倒的な強さで制して2部昇格し、さらに2部でも今節初黒星を喫するなど前評判以上の成績を残しているオルカ。

初物に弱いとこもあるので気負わずいつも通り、主導権を握って試合を進めてほしい。

 

 

キンチョウやけど固くならずに!

 

 

 

今日の井上。

躍動するチームの中で空回りするシーンが多々。

でも悔しい思いをした次の試合はブーストがかかるのが井上の特長なので大舞台での爆発に大いに期待している。

今季初の...第7節

前半戦最大の山場がGW最終日に。

ボンバー荒川(37)を補強した日体大をホームJ-GREENに迎えての一戦。

 

f:id:toraxcross:20170507225437j:image

 

昨シーズン最終節ではヨルダン組を欠く中で完勝した相手だったが、今日は初っ端から押し込まれる展開に。

 

荒川が長い浮き玉も完璧に収めてしまうので両ボランチが最終ラインに吸収されるようなシーンが多くなり、相手ボランチにスペースを与えてしまい、奪ってもセカンドボールも好き放題拾われ、ラインを上げると目原の抜群のスピードとセンスに危ないシーンを作られ、と防戦一方だったセレッソ

それでも苦しい時間を無失点で何とか耐え、逆に自分たちの時間を作れたまでは非常に良かった。

 

失点はどちらも相手の個の能力がすごかったとしか言えない。

1点目はペナ内で志歩を巧みなフェイントでかわした平田のゴラッソ。シュートコースも抜群。

2点目は、、、嶋田さん、あれはずるいよ、なスーパーミドルがズドン。て思ったけどウチにもアレを打てる選手はいるのよ。お休み中のようですが。。。復帰待たれよ!

ま、嶋田のゴールは打たせた時点で、だったのでサイドに引っ張られたとこで取りきれなかったのが最大の原因かな。

 

 

それでも先制を許した後の同点ゴールのシーンは志歩の執念が生んだカウンターから。平田にかわされた責任を感じてかな?失点後の志歩の動きはいつもに増して気持ちが乗ってるように見えたのは大きな収穫だったかと。

 

 

結果は残念ながら今季初の敗戦となり、沙織の連続ゴールも6で止まったけど、アウェイでの2つの引き分けの後より清々しい表情を見せていた選手に少しホッとしたり。選手たちもやり切った、という思いが強かったように思える。

この借りは小机で返せばいいよ。

 

f:id:toraxcross:20170507232117j:image

 

そして次はやっと関東でのゲーム。今季初!!!

スフィーダ世田谷戦!調子を上げてきてるので侮るなかれ!

 

最後に、目原莉奈2018!!!

 

 

今日の井上

このタイプの相手にはキツイかと思ってたけど予想以上に出来ててびっくり(失礼)。

やっぱりめちゃめちゃ伸びてるってことね!

劇的勝利!第6節

ゴールデンウィーク突入の一発目。

先週に引き続きかつての強豪チームとの対戦。湯郷ベルをホームJ-GREENに迎えての第6節。

 

昨季からの上積みが殆どないと言われるスフィーダ世田谷に8失点するなど不安定さを露呈しているベルに楽に勝ちたいところではあったが。

 

f:id:toraxcross:20170430083916j:image

 

4分に沙織のPKで先制し、期待通りの楽な試合になると思ったが、さすがは選手の殆どがなでしこリーグ1部経験者。球際の強さや個の能力の高さは目を見張るものがあり、その後は取って取られてのシーソーゲーム。

 

全体的には支配された内容だったが、同点で迎えた終了間際にトモのゴールで何とか勝利を手にした。本日も2得点で開幕からの連続試合得点を6に伸ばし得点ランキングも9点で2位にトリプルスコアの差をつけてトップを独走する沙織があと2本くらいあった決定機をしっかり決めていればもっと楽に勝てたはずなんやけどね。

 

f:id:toraxcross:20170430085127j:image

 

トモは去年のノジマ戦の悔しさをしっかり糧にできてるね。スタメン起用はまだかもしれんけど、途中出場で2試合連続の大仕事。スーパーサブになりつつある。次も期待したい。

 

 

さて、その「次」は最初の山場。日体大との首位攻防戦。引き分けなんていらんよ。麗奈も万全の状態に戻してくるはずやから、全員で勝つ!!

 

 

しかし何でGW最後にまた大阪…

 

 

今日の井上

風に助けられてのゴールがあると期待してたんやけども。。。

プラシャツの告知のお笑い担当感は完全に優勝してるのでオッケー!