地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

前進あるのみ 第16節

ミッドウィークの痛い引き分けを経て、僻地も僻地、千葉県は鴨川市に乗り込んだセレッソ大阪堺レディース

 

f:id:toraxcross:20170924224801j:image

 

対戦相手は体を張った堅い守備に定評のあるオルカ鴨川

 

前日、日体大がハリマに5-0と大勝し、勝たなければ首位陥落となるこの一戦、セレッソは絵梨香が久々のスタメン復帰、代表から戻っていた菜々美が定位置の左SBで先発復帰、筒井をCB、麗奈をボランチに入れた攻撃的な布陣で臨んだ。

 

 

前節の反省を活かしてしっかりと集中して入りたいところだったがオルカの早い出足に戸惑い中途半端なプレーが散見。

それでも、プレスが連動し上手くハメてのショートカウンター、という得意のパターンで攻め込むシーンを作ると、6分、早速右サイドで矢形がボールを奪い返してゴールライン際までえぐり、フリーの穂之香にピンポイントクロス。これを穂之香は難なく逆サイドネットに決めて先制。

 

しかし、ここからはしばらく膠着状態に。どことなく集中を欠いてしまう場面があり、何度か危ない場面も作られたが、最後のところで何とか耐えて前半は無失点で切り抜ける。

 

 

しかし、後半、両チームともに前半と同じメンバーでスタートすると、開始直後、筒井、松原妹の間を上手く抜けられ、キーパーと1対1に。

絵梨香が抜群の寄せでディレイし、ディフェンスがカバーに入っり一度はシュートブロックするもクリアが甘く押し込まれ同点に。

 

その後前半同様チャンスは作るものの決め切れない、といういつもの悪循環に陥るようになり、迎えた77分。

コーナーのクリアボールを拾われ、再び放り込まれたクロスに対して誰も競りに行けずフリーで撃たせてしまい、逆転を許してしまう。

 

これでやることがはっきりしたセレッソ

勝ち越しゴールを許す前に志歩に代わって入っていた美紀をSBに下げ、菜々美を一列前に上がると、左サイドが活性化。

ビッグチャンスを連発したセレッソは、87分、混戦から沙織が押し込んで振り出しに戻すと、最後まで諦めずに走り切ったが、再逆転には至らず試合終了。

 

 

最後の同点ゴールの場面も、体勢が崩れているにも関わらず捨て身でシュートブロックに飛び込んでくるオルカの選手の執念には感服だった。

 

この結果、日体大に抜かれ2位に順位を落としたセレッソ

逆に自力優勝が無くなってしまった。

でも、残り2戦最後まで諦めずに戦えばきっと結果はついてくるはず。

 

最終節、保土ヶ谷で笑うために!

 

最後まで走り切れ!桜なでしこ!

 

 

 

今日の井上

f:id:toraxcross:20170924224726j:image

デビュー戦。結果に最高の結果に繋がらなかったのは残念だったけど、ここ最近の安定感は素晴らしい!

でももっとやれるよ!!!

台風一過 第15節

台風で延期になったホーム世田谷戦。

代替は平日15時というあまり聞かない時間に開催された。

 

前節、天王山ともいえる日体大戦に見事勝利し、優勝に向けてしっかり勝ちたいこの一戦。平日の日中にも関わらず予想以上の観客が訪れた。

f:id:toraxcross:20170920214209j:image

 

セレッソは前節から森中と前川を入れ替えた布陣でスタート。ベンチには引き続きなっちゃんこと加井が控える。

対する世田谷は当日出発の弾丸遠征。コンディションは厳しいかもしれないが相当高いモチベーションで来ることが予想された。

 

その予想通り、高いモチベーションで試合に入った世田谷が風上を活かしてセレッソを押し込む展開に。

それでも得意のショートカウンターで序盤に先制すると、耐えて耐えて追加点を奪う。久々のさくらゴールに沸くスタンド。

 

その後も押し込まれつつも耐えて無失点で前半を折り返すと、後半は風上に!のはずがさらに前に圧力をかけてきた世田谷。開始早々にコーナーから一点を返される。

 

しかしいつも通りのプレーを見失ってはおらず、しっかり攻めて久々の矢形ゴール。

その後も幾度となくゴールに迫るチャンスを作るものの、沙織の消極的なプレーが出るなど追加点を奪えないまま終盤に。

 

流れが悪くなりかける中でコーナーから再び失点。

それでもこのまま逃げ切りたかったが、注目の加井を投入した直後、ラストプレーで足が止まった瞬間を見逃してもらえず、まさかの同点。

f:id:toraxcross:20170920214231j:image

 

ここにきて痛いドローとなったが、それでもまだ単独首位。

残り3つ、全部勝てば文句なしの優勝なので、しっかり切り替えて今週末から!

日体大に勝ったことで選手にもサポーターにも蔓延してた「これでいける」という空気を引き締めてもらったと前向きにいこう。

 

次は今シーズン唯一勝っていない鴨川が相手。

しっかり全チームから勝って1部に上がろう!

 

 

 

今日の井上

おかげさまで温存に温存を重ねた新チャントを初披露。もっと突っ走れ!

なかなかショッキングな負け方に挨拶の時は異常な悲壮感が漂っていたチームにいい空気をもたらせることができると信じてる!

鴨川ではさらなるお披露目があるので「今日の井上」ファンの皆様、お楽しみに!!

なでアカ!

夏の選手権まさかの一回戦負け以来のガールズを見るべく時之栖へ。

なでしこアカデミーカップ決勝トーナメント一回戦、セレッソ大阪堺ガールズvs日テレメニーナセリアス。

 

f:id:toraxcross:20170916223658j:image

 

能力的には申し分のない粒ぞろいの世代。チームとして勝ち切る、というところを大事にしてほしいと期待しつつ観戦。

 

内容は案の定。うまい、速いところは多く見せつつもあと一つ、最後のところで決めるに至らない。

そして、小さなミスからリズムをなくして流れを持って行かれるという感じ。

 

それでも、見て嬉しくなったのが笑花。一番の弱点だった精神的支柱がいないというところを補えるようになってきたんじゃないかな。

同点のまま迎えた最終盤にチームが前がかりになり空いたスペースを狙われて招いたピンチにもしっかり声をかけて無失点でしのいだ。

 

 

でも、今日の殊勲は何と言っても花怜ちゃん。PK戦で一本相手のキックを完全に読み切ってセーブし、チームを勝利に導いた。

明日もこの調子で頑張って!!!

 

んで、明日のなでしこ2部の試合が台風の為順延になることが決まったので、最後まで見届けることが出来るように。

 

夏の借りはしっかり返すぞ!

カップをピンクに染めよう。

 f:id:toraxcross:20170916225633j:image

前進 第14節

宝田沙織デーから1週間。

日産フィールド小机に乗り込んで日体大に挑んだセレッソ大阪堺レディース

勝点で並ぶ両チームの対戦は正に天王山。

勝てば優勝、自動昇格に大きく近くこの試合に大阪から多くのサポーターが詰めかけた。

f:id:toraxcross:20170911104311j:image

 

 

ホームでは嶋田に反則級のミドルを叩き込まれて敗戦。

カップ戦決勝では90分でドローのPK勝ち。

今度は90分で勝つ!と気合たっぷりのセレッソ

 

スタメンは代表に招集された北村のところに森中が入った以外はそのまま。

 

このところ不発に喘ぐ矢形が序盤から羽座、大賀の両CBを追いかけ回し、ディフェンスラインをずるずる下げさせる。

それに引っ張られるように嶋田もポジションを下げ、攻撃の起点を作らせない。

狙いが完全にハマったセレッソは6分、左サイドに流れて抜け出した矢形から中にクロスが入ると、前節大爆発の沙織の絶妙な落としにこれまた絶妙なタイミングで飛び込んで来たのはかの天才、林穂之香。ファインゴールで早すぎる先制点をゲット。

 

早々にビハインドを負った日体大は前に出たいが、前線の沙織、矢形に加え志歩、咲良までもキレッキレで両サイドバックを完全に押し込んで攻め手を作らせない展開が続く。

セレッソも追加点を狙うべく、前線でボールを奪って素早くショートカウンターを仕掛けるが、何度もあった矢形のシュートチャンスは全て最後のところでブロックされるなど、追加点を取らせてもらえない。

 

30分を過ぎてくると少しプレスが剥がされるようになり、前線の目原に楔が入り始め、何度か危ないシーンを作られる。それでも、セレッソは全員で集中を切らさず守りきり、前半はこのまま終了。

 

後半は開始直後にエンストを起こし始めていた森中に代えて前川を投入。

守備強度の低下が懸念されたがセレッソが苦手にしている平田の不調にも助けられた。さらに「嶋田と一緒に消えていた」古澤にも疲れが見え始めると代わりに筒井を投入、麗奈をCBからボランチに上げてさらに攻撃的に。

 

対する日体大はかなり効いていたはずの目原を下げて児野を投入してきたが、正直守りやすくなった。セットプレーは高さもあり怖かったが、それ以外にチャンスらしいチャンスを与えず、逆にセレッソは決定機を作るが沙織のシュートは悉く止められる。

 

そのまま最終盤に差し掛かるが、堺レディースに試合を締めに行くという選択肢などなく、最後までゴールを奪いに行く姿勢を見せる。

終了間際にカウンターからこの日最大のピンチを招くが、シュートは枠外に。

そして最後の最後まで攻め続けたセレッソ。追加点こそ奪えなかったものの、見事に無失点に抑え、ミッション達成。

 

これで完全な単独首位に。本気で優勝が見えてきた。リーグを獲れば二冠、そして自動昇格。

そのために、穂之香が言った通り「残り4つ、全部勝つ」。

 

しっかり気を引き締めて、まずは次のスフィーダ戦。

一歩ずつ前進していこう。

 

 

 

今日の井上

いい削りっぷり。最高。

もっと攻撃参加してほしかったけど。

湯郷vs宝田沙織 第13節

今シーズン2節以降単独首位を走る日体大が前日横浜FCにまさかの今シーズンリーグ初黒星を喫し、勝てば首位に浮上するセレッソ

 

f:id:toraxcross:20170903225408j:image

今節はシティライトスタジアムに乗り込んで湯郷ベルとの一戦。

 

 

これまでこういった試合を落としがちだったセレッソ。事実、試合開始直後は相手の早い出足に戸惑いも見え隠れした。

 

が、今日はこの一言に尽きる。

 

宝田沙織。

 

13分、カウンターで抜け出した矢形からの折り返しを落ち着いてトラップし、そこから上体フェイントで相手をずらしてシュート。

前半終了間際、ほぼ中央で得たフリーキックを麗奈が蹴り、沙織のフリックから咲良が胸で落とし、素早い動き出して振り抜き2点目。

後半は押し込まれるも、82分、井上からの絶妙のロングボールに抜け出し、キーパーが一度は触れるがそのこぼれ球をそのままシュート。

最後は見事な崩しから穂之香!と見せかけてシュートミスが沙織の足元に。最後は押し込むだけで4点目。

 

圧巻の4ゴールに加え、会場をどよめかせた強烈なミドルなど、能力の高さをこれでもかと見せつけまくった沙織。

得点ランキングも2位にダブルスコア以上の差をつける18ゴールでダントツのトップ。

さらには昨日負けた首位日体大を得失点差でかわして今季初の首位に浮上。

 

f:id:toraxcross:20170903225409j:image

 

この状態で迎える次節は正に天王山。

日産フィールド小机に乗り込んで日体大との試合に臨む。

引き分けでも首位をキープできるゲームだが、そんなもん見えてないはず。

勝って、全チームに勝って優勝する!そんな気持ちを前面に出してくれると確信している。

 

 

 

今日の井上

圧巻の4ゴールの沙織の影に隠れると見せかけて、戦術「宝田沙織」を体現するような見事なロングボールを蹴り込んでアシスト。

ただね、見たいプレーはそんなんじゃない。ゴールラインから抉っていくようなプレーが見たいねん。

サイド突っ走れ!Go井上!井上!

痺れた!第12節

中断明け初戦を辛勝したセレッソ。今節の相手は某トレーナーがブログで「ダービー」「去年まで1部のチーム」と煽りまくっていたコノミヤスペランツァ高槻

 

2年連続降格に向けて突き進む高槻だが、相性の問題か、4月の1回目の対戦でも痺れる試合になった。

 

ちなみに今節も4月の対戦に続きJ-GREEN堺。前回高槻の運営に「セレッソ大阪堺レディースサポーターの皆様、ようこそ、J-GREEN堺へ!」と温かく迎え入れていただいた会場でホームゲームを開催させていただきました。

f:id:toraxcross:20170829082836j:image

 

試合は、シーズン終盤のU-19アジア選手権を見据えて若手の起用を積極的に進めるセレッソを、何が何でも勝つ!と鼻息の荒い高槻の意地が上回る展開に。

 

スピード、テクニック、戦術で勝るセレッソは序盤から主導権を握りいい形を作るが、最後の精度が悪くゴールに結びつかない。

高槻はお世辞にも上手いとは言えないがとにかく走る、寄せられる前に前のスペースに蹴る、前線で谷口が体を張る、と強引なパワーゴリゴリサッカーを見せる。

 

それが実ったのが24分。コーナーのごちゃごちゃから押し込まれ先制を許すと、ここからは高槻ペースに。

何とか得意のカウンターでチャンスを作るものの焦りからかフィニッシュの精度を欠くシーンが続く。

 

後半、サイドバックに入っていた善積を下げて筒井を投入し、現状のベストともいえる布陣に変えてきたセレッソ。しかしリードして余裕のある高槻の勢いは更に増し、同様の膠着状態が続くと、一瞬の気の緩みを見逃してもらえず、簡単に裏を取られ、失点。

 

時間は残り20分強。万事休すかと思われたが、この誰がどう見ても不利な状況を、技術で跳ね返してみせた。

 

75分、右からの見事な崩しで穂之香が飛び出して1点を返すと、6分後には沙織がロブボールへの相手のルーズな対応を見逃さずに奪って同点。さらに5分後にコーナーのこぼれ球をまたも沙織が押し込んで試合を決めた。

 

特に1点目は、右に流れた沙織からバイタルに入ってきた志歩に斜めに入れる楔、これをスルーして絶妙なタイミングで飛び込んできた穂之香がドフリーでキーパーと一対一という見事としか表現のできない崩しだった。

 

 

メンタルの成長、という見方もあるかもしれないが、この試合に関していえば、技術戦術がそれを凌駕した、という印象。

確かに0-2の完全な劣勢から逆転するのは簡単ではないが、桜なでしこは90分通してやることを変えなかった。序盤からチャンスは作り続けていたし、ディフェンスも2失点はしたもののよく集中していた。

続けていれば逆転できる、という自信が漲っていた、そんな気がした。

 

f:id:toraxcross:20170829090642j:image

 

対する高槻は完全に穂之香のゴールでそれまでの余裕が焦りに変わっていった。まだリードしているにもかかわらず、一つ一つのプレーに慌てふためき、ボールを落ち着かせられない。

劣勢になっても焦らず、やるべきことをしっかりやることが大事だと改めて感じた1試合だった。

 

まぁこれでまた一つ「勢いに乗ったら手をつけられないセレッソ」の印象を強く与えられたかな。

 

f:id:toraxcross:20170829090648j:image 

 

翌日のゲームで日体大勝利したので勝点は3差のまま。このまま食らいついて直接対決でひっくり返してやろう!

 

次節

9/3(日) 15:00キックオフ

シティライトスタジアム

岡山湯郷Belle vs セレッソ大阪堺レディース

 

 

 

今日の井上

サイド用の新チャント用意したのに、まさかのボランチ。。。

筆者は井上ボランチ推奨派なので嬉しくもあり。。ディフェンスの強度は落ちるけど、やっぱりワクワクさせてくれる。

でもここ最近はサイドでも無尽蔵っぷりを見せてくれるので少し複雑やわ。

あー井上もう1人おらんかなぁー!!

リーグ再開!第11節

悲願の初タイトルから1週間。

今シーズン最大の目標達成に向けて、リーグ再開の試合に臨んだセレッソ大阪堺レディース

f:id:toraxcross:20170821220540j:image

 

今節の相手は愛媛FCレディース

開幕当初は昇格争いのライバルと思っていたが、ここまで思い通りにいっていない印象。しかし、大矢や上野など、代表クラスの選手もいるので気は抜けない。

 

 

再開初戦、内容はともかく結果にこだわりたいセレッソは、怪我で長期離脱していた前川美紀がスタメンに名を連ねるなど、思い切った布陣で臨んだ。

 

カップ戦決勝とは打って変わって浮ついた試合にはなったが、筒井の飛び道具で沙織が抜けて奪った虎の子の一点を守り切って勝利

愛媛とはいつもこういう展開になるな。強さとか派手さとかはあんまりないけど球際はしっかり行くし泥臭く走ってくる、相手にしたら嫌なチームという印象。

 

それでも勝ち切れたのは大きい。

日体大との直接対決までしっかりとついていきたいね。

その前に次はホーム高槻戦!しっかり勝ち切る!

 

f:id:toraxcross:20170821223042j:image

この日はホームで優勝報告があったり美紀の涙の復帰報告があったりと終了後も内容たっぷりだったので、その意味でも勝てて良かった。

 

大事なとこが素晴らしき対戦チームへのエールでかき消されてましたけど。

 

 

 

 

今日の井上。

某選手父が言う通り、最近の井上のプレーを見てると涙が出そうになる。

このままなでしこジャパンまで突っ走ってくれよ!