地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

【ガールズ】入替戦第2戦

やってきました北海道は伊達市

ガールズのチャレンジリーグ昇格をかけた大事な一戦。ノルディーア北海道のホームゲームは紆余曲折あってまなびの里サッカー場という奈良フットボールセンター並の会場で開催された。

 

心配されたコンディションも、予想していた程ではなく、いい準備ができたであろうセレッソガールズ。

スタメンには昨日のレディース入替戦でフル稼働した山下、筒井を含め、途中出場の善積、ベンチ入りしていた森中、田中が名を連ねた。

 

f:id:toraxcross:20171210145018j:image

とにかく点を取らなければならないセレッソは当然のごとく前がかりなサッカーを展開。

しかし開始直後に訪れたビッグチャンスを田中が外すと、悪い流れになりシュートが悉く枠に飛ばない。

最大のチャンスだった奈己のキーパーとの一対一もシュートは力なくキーパーに弾かれるなど、フィニッシュだけ!という弱点が出てしまう。

 

 

ノルディーアは最初から0-0の引き分け、アウェイゴールでの勝利を狙ったようなサッカーで、とにかく前に、裏に蹴るだけ、という単調な攻撃だったので、事故の可能性はあるものの筒井、晴菜を中心に安定して守れていた。

 

しかし、肝心の攻撃陣がふるわず、後半は焦りからミスを繰り返すようになると攻撃の回数も減り、逆に前半よりさらに割り切って引き分けにきた相手に押し込まれるようになり、見せ場も少ないまま試合終了。

 

結果、ノルディーア北海道チャレンジリーグ残留が決定。

1時間遅れで開始していたもう1試合でつくばの残留が決まり、残り1枠をかけた戦いはレオンチーナとの対戦に決定した。

 

第3戦は来週。日程はそのうち出るでしょう。

 

 

特にビッグチャンスを決め切れなかった選手は、今日の結果はショックだったと思うけどとにかく前を向いてほしい。泣くのは来週の試合が終わってからでいいよ。

 

今日、この過酷な環境下で試合をできたことを糧にして、来週で全部出し切ってチャレンジ昇格を決めよう!

【レディース】入替戦初戦 勝利!!!

ガールズに続きこちらも入替戦です。

セレッソ大阪堺レディース初の1部昇格を賭けてちふれASエルフェン埼玉と対戦。

 

ちふれが2部にいた昨シーズンの対戦成績はセレッソの1勝1分。

どちらも忘れもしない。ホームでは咲良のライダーキック炸裂、その後追いつかれて引き分けるも、アウェイでは沙織が佐藤寿人を彷彿とさせるターンでディフェンス2枚を置き去りにしてのゴールを守り切って勝利。

 

今のメンバーは決して悪いイメージもなく、下からのチャレンジということもあり、選手もサポーターも不安よりワクワクの方が大きかったのでは?

そしてトップチームの試合がないこのタイミングでこのゲーム。レディースのホームゲームで最多の973人が入ったスタンドは見た目では満員。閉鎖されているゴール裏スタンドにも横断幕がわんさか。

f:id:toraxcross:20171209232305j:image

 

 

ここに向けてしっかり準備してきたセレッソ

対して降格の可能性もあり崖っ淵のはずが何故かイベント感を漂わせるちふれ

それでもレベルの高い1部で一年間試合をしてきた相手に苦戦を強いられることは当然だった。

 

前半からセレッソいつも通り前から積極的にプレスをかけ、ボールを奪うと縦に早く仕掛けてゴールに迫る。

しかし、2部では体感できないような寄せの早さや体の当て方のうまさ、球際の強さに苦しめられ、なかなかフィニッシュに至らない。

 

それでも、徐々に相手の弱点が見えるようになると、積極的に仕掛ける左ワイドの志歩に釣られて前に出てきたSBの裏に矢形が流れて起点になる形が出来始め、19分、うまく裏を取った矢形が左足で逆サイドに流し込み待望の先制ゴール。

 

その後も追加点を狙って攻めの姿勢を崩さないセレッソに対し、ちふれセレッソのプレスをうまく剥がして何度かチャンスを作るが、最後のところで集中を切らさず守り切り、前半は1点リードで折り返す。

 

後半も互いにやることは変わらない。

セレッソは攻撃の強度を弱めず、次節を少しでも優位に進めるべく追加点を目指す。しかしどうしてもアウェイゴールが欲しいちふれの圧力に押され、耐える時間が次第に長くなる。

それでもセレッソは全員で守り切ってクリーンシートを達成。最大のピンチも山下のファインセーブで守り切った。

 

追加点こそならなかったものの、ホームアンドアウェーの第1戦としては1-0という上々の結果で終えることができたのは大きい。

でもまだ前半が終わっただけ。あと1週間、「ただ1部だけを狙って」しっかり準備するのみ。力を出し切った先に結果はついてくる。

 

最後に勝負強い「セレッソプライド」見せてやろうぜ!

f:id:toraxcross:20171209232405j:image

 

 

 

 

今日の井上

2部ではありえない早さのプレスと球際の強さにほとんど前を向いてプレーさせてもらえなかったが、得意のチェイスは完全に通用してた。

でも確信した。来シーズン1部で揉まれれば井上はあと3段階くらいスケールアップできる。

【ガールズ】入替戦初戦

いよいよ始まった入替戦。

初陣は妹分のガールズ。チャレンジリーグ昇格をかけてノルディーア北海道と戦う。

 

真冬の北海道というコンディションが予想できない第2戦のことを考えても、ホームでは出来るだけ沢山得点を挙げて勝っておきたいガールズ。

 

ノルディーア北海道といえば、筆者はまだレディースを見に行き始めるはるか前、セレッソ大阪堺レディースが初めてチャレンジリーグ昇格を決めたときの対戦相手である。

その時から5年経ち、当時の選手は記録を見る限りほとんどおらず、時の流れを感じずにはいられない。

 

しかしセレッソも当時の選手は大きく成長し、今回戦うのはその妹分。新鮮な気持ちで臨んだことだろう。

 

f:id:toraxcross:20171204202537j:image

そんな感慨に耽る間も無く試合は始まり、予想通り前線から早いプレスをかけてボールを奪うと縦に早く仕掛ける、というシンプルな戦術でノルディーアディフェンスを押し込むと、10分過ぎ、筒井のロングフィードから百濃が上手く相手の背中を取るとPA内で倒され、ファールの判定。

このPKを森中が落ち着いて決めて先制。狙いが実った瞬間だった。

 

2戦目のために1点でも多く取っておきたいセレッソはさらに攻勢に出るが、フィニッシュの精度が上がってこなかったこととノルディーアのディフェンス陣が身体を張って最後のところを自由にさせてもらえず、追加点を奪えないでいると、徐々に焦りからミスが目立つようになり、ノルディーアも前に出るように。

 

そして、波状攻撃を受けて浮き足立った一瞬の隙を突かれ、コーナーからニアで合わされ同点に。

痛い失点だったがもう一度山下、筒井、陽舞莉を中心に集中を高め、締め直したところには成長を感じた。

 

前半は1-1で終えると、後半もギアを高く保って前に出るセレッソ

スピードスターの木原、パワーのソンアなど攻撃が持ち味の選手を次々投入して前への圧力を高めていく。しかし、決して技術は高くないが粘り強く体を寄せてくるノルディーアディフェンスを破り切れず、勝ち越しゴールは奪えなかった。

 

それでも、前半の失点のように隙を見せることなく守りきって何とか引き分けに。

アウェイゴールこそ奪われたものの、よく耐えたと思う。

 

次はアウェイ、真冬の北海道、得点必須と不安要素はあるが、そんなもん吹き飛ばしてくれると信じている。

 

ただチャレンジだけ狙って駆け抜けろ!

 

 

と、その前に、こっちもあります!

12/9(土)【レディース】13:00

2017プレナスなでしこリーグ1部・2部入替戦

セレッソ大阪堺レディース - ちふれASエルフェン埼玉

J-GREEN堺S1メインフィールド

 

12/10(日)【ガールズ】12:30
2017プレナスチャレンジリーグ入替戦
ノルディーア北海道 - セレッソ大阪堺ガールズ
室蘭入江運動公園陸上競技場

 

12/16(土)【レディース】13:00
2017プレナスなでしこリーグ1部・2部入替戦
ちふれASエルフェン埼玉セレッソ大阪堺レディース
川越運動公園陸上競技場

 

全部勝つ!!!

入替戦予選大会最終日

前日の勝利で入替戦への出場を決めたセレッソ大阪堺ガールズ

最終日は今大会の1位をかけた戦い。相手は関西リーグでしのぎを削ってきたINAC神戸レオンチーナ。

 

クラブとしては絶対に負けられない戦い。

そしてサポーターにとっては遠征の楽さがつくば>北海道てことでつくばFCレディースとの入替戦の権利を勝ち取りたい。

 

f:id:toraxcross:20171201225843j:image

 

強風が吹き荒れる中、前半は風上のエンドをとったセレッソが風を味方に押し込む時間を多く作るも得点を奪えず前半はスコアレス。

 

f:id:toraxcross:20171201225944j:image

 

後半は逆にレオンチーナが攻め込む展開になるも、前日までの3日間で徐々にレベルを上げてきたディフェンス陣が奮起。

そして右コーナーから晴菜が叩き込んで先制。

あとは守り切って、とはいかず逆にコーナーから押し込まれて追いつかれ、そのままPK戦に。

 

 

互いに5人目まで全員が決め、セレッソ6人目の笑花がキーパーに完全に読まれて失敗。しかし次のレオンチーナの6人目が外し九死に一生

7人目は互いに決め、セレッソは8人目の晴菜が豪快に外し、レオンチーナはしっかり決めて試合終了。

 

PK戦は運の要素が大きいからいいとして、70分間で勝ち切れなかったのが痛かった。

向こうの方がほんの少しだけ気持ちで勝ってたかなとは思うけど、セレッソもよく集中を切らさずやり切った。

 

 

この結果をもって真冬の北海道に飛ばされることが決まってしまったセレッソ大阪堺ガールズ

でも下を向いてる暇なんてない!

そう、もう明日は入替戦一発目!

 

奇しくも相手はノルディーア北海道

レディースがチャレンジリーグへの昇格を決めたのは2012年の参入戦。その時の相手もこのノルディーア北海道だった。

妹分もノルディーアを倒してチャレンジ昇格とかドラマチックじゃない?

 

てことであと2試合やるだけ!

 

 

さぁゆけ!さくらなでしこ!

入替戦予選大会3日目

入替戦への進出をかけた運命の3日目。

午前中の試合でMITO EIKOがレノファに6-1と大勝を収めたため、セレッソは出雲に4点差以上の差をつけられて敗れると2位に転落し、入替戦への出場を逃すという状況に。

 

いやいや、同時刻でやりましょうよという文句はリーグの方へお願いします。

ちなみにグループAは午前中にINACが1位突破を決めて全チームの順位が決まっため午後のノジマ-南葛が数字上何の意味もないは試合になったとか。

 

f:id:toraxcross:20171126084919j:image

さて。セレッソは勝ちか70分で引き分けPK戦に突入で文句なし、負けても2点差までなら1位抜けが確定する状況で、開始直後にのどかのオーバーラップからソンアが頭で決めて早々と先制すると、笑花がここ3日で1番の出来を見せ、得点にこそならなかったものの、前半だけで4本のミドルシュートを放った。

 

後半はここまで2戦と同様、ベンチメンバーを全員出場させて少しペースを落としたものの、今大会初出場のいぶき、陽舞莉らが気持ちのこもったプレーを見せるなど、追加点は取れなかったが見どころのある試合に。

守っては筒井、晴菜の2CBを中心としたディフェンス陣がさらに安定感を増し、笑花、結稀奈のWボランチがしっかりとタスクをこなして前半は相手にシュートを打たせないなど、締まった内容に。

 

最終盤もしっかりバランスは崩さないように、ただ持ち味の前線からのプレスはやり続け、ウノゼロで試合終了。グループB3戦全勝で入替戦への出場を決めた。

 

 

最終日となる4日目は予選大会順位決定戦。

つくばFCレディースとの入替戦をかけてグループA首位のINAC神戸レオンチーナと戦う。

負ければ真冬に北海道での試合となる。コンディションを考えるとつくばの方が圧倒的にやりやすいので何としてもつくば行きを勝ち取りたい。

 

そして、しっかり勝ってのどかのキレキレダンスを披露してもらいましょう!!

入替戦予選大会2戦目

うさぎ島2日目。

本日の相手は初戦でディオッサ出雲を破ったMITO EIKO FC茨城レディース。

1勝同士の対戦は勝てば単独首位に立つゲーム。

 

f:id:toraxcross:20171124233540j:image

初戦は大勝を収めたものの不安定な立ち上がりを見せたセレッソだったが、今日の試合ではしっかり修正。

風上のエンドを選んだセレッソは持ち味の前線からの守備で相手を押し込むと、昨日も大活躍の森中が今日も右足でのシュートを含む2ゴールを叩き込み、ソンアが自ら得たPKを一度は弾かれるものの押し込んで前半で3ゴール。

 

後半は向かい風に苦しみ攻め手を欠いたが、昨日に引き続きベンチメンバー全員を交代出場させる余裕も見せて3-0で試合終了。

 

午後の試合でレノファ山口レディースがディオッサ出雲を破った結果、出雲は入替戦への進出の可能性が消滅。

セレッソが勝点6、レノファとEIKOが勝点3で追いかける形で運命の最終戦に。

明日の第1試合、レノファ山口レディース対MITO EIKO FC茨城レディースが70分で決着がつかなかった場合、セレッソの入替戦進出が決定してしまうという組み合わせに。

 

ただ、自分たちで勝ち切って決める気が満々のようなので、明日も期待していいんでしょう。

 

完全に消化試合となってしまった出雲がどんなモチベーションで来るのかわからないが、全員が自分のやるべきことをしっかりやり切ってほしい。

 

 

 

今日の井上

ついにぞっこんセレッソでのインタビューが決まってしまったようで。。。

放送事故にならないことを祈るばかりです。

もう一つの戦い

本日11/23より開幕したチャレンジリーグ入替戦予選大会。

セレッソ大阪堺ガールズは昇格に向けて3回目のチャレンジ。

 

参加8チームを2グループに分け、それぞれのグループの1位2チームがチャレンジリーグ下位2チームとの入替戦への出場権を得る。

セレッソレノファ山口レディース、MITO EIKO FC、ディオッサ出雲と同じグループに入った。

 

 

f:id:toraxcross:20171123174109j:image

初戦の相手は本大会初参加となるレノファ山口レディース。実力は未知の相手に出方を見ることなく自分たちから仕掛けていきたいセレッソだったが、開始直後のチャンスを逃すと、雨上がりで水捌けの悪いピッチがセレッソディフェンス陣のミスを誘い、あっさり失点。

 

去年、一昨年の得点が遠い悪いイメージが頭をよぎったが、森中のフリーキックですかさず同点に追いつく。

その後再びディフェンス陣がミスを犯し、一旦は勝ち越されるが、内容では相手を圧倒していたセレッソが攻勢を強める。

 

PA内でハンドを誘うとそれをミスの挽回とばかりに筒井が決めて追いつくと、裏抜けしたトモがゴールエリア左端からキーパーとの一対一を沈める。さらには右サイドを突破したトモがあげたクロスがOGを誘い、トモとツートップを組んだソンアがダメ押しして前半で5-2と試合を決めてしまう。

 

後半はある程度主力を温存させながら百濃が追加点を奪うと、最後は筒井が約30mのフリーキックを得意のズドンで撃ち抜いて試合終了。

守備も多少危ない場面もあったがしっかり修正して後半は無失点。

 

懸念されていた攻撃陣が奮起して大勝を収めた。

殊勲は何と言っても森中。左SHで出場し、巧みなボールコントロールと切れ味鋭いドリブルで後半途中で交代するまで攻撃の起点になり続けた。

長期離脱前は世代別代表で不動の左SBだった実力を遺憾なく発揮した。

完全復調はもう間近か。

 

 

 

とにかくあと二つ。

しっかり勝ち切って昇格へのチャンスを摑み取ろう!

 

 

今日の井上はお休みです。