読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

第17節ノジマ@ギオンス

セレッソ大阪堺レディース/ガールズ2016

またまた1週間遅れで。。。

 

前節の世田谷戦では気の抜けた試合をしてしまったセレッソ。対戦相手はダントツで優勝街道を突き進むノジマセレッソが負ければその瞬間優勝が決定するこの試合。

セレッソとしては気合のこもったゲームを見せて目の前での優勝決定を何としても阻止したい。

 

 

局面局面でのプレー精度やプレスの速さなど、個々の能力では劣るところが多々あったが、期待した通り気合だけは十分で、常に数的優位を作る意識を持って集中を切らさず、互角以上の戦いを見せる。

 

それほど多くはないが相手ゴールに迫るシーンを見せるもののなかなか決定機には至らないセレッソ。良くない流れかなと思った30分過ぎ、前線でボールを奪い、穂之香が素早くボールを玉櫻に繋ぐと相手DFのプレスが一瞬遅れたのを見逃さず右足一閃。値千金の先制ゴールを決めた。

 

その後前への圧力をさらに高めてきたノジマではあったが、いつも以上に気合が入っていたセレッソは全員で踏ん張り、リードで前半終了。間際には矢形から志歩の惜しいシーンもあった。

いつもここまではいいのたが。。。

 

後半になっても流れはそのままで前線に人数をかけてくるノジマの攻撃に耐える時間が続く。

が、何度も言うが気合だけは十分のセレッソ。意地(と運)で同点ゴールは許さない。

 

刻々と時間は過ぎ、残り10分。焦りを感じさせないノジマの精度の高いプレーにそろそろやばいな・・・と思っていると84分、ついにゴールをこじ開けられる。CKから何本も精度の高いボールを蹴ってチャンスを作っていた田中陽子。同点ゴールはそのCKから。ゴール前での混戦から押し込まれついに同点。

 

スタンドも巻き込んでさらに勢いを増すノジマ。これはやられるか、と思ったが伊達に場数を踏んできていないセレッソはここを耐え抜く。

途中投入の田中智子に絶好機が訪れるなど、最後までワクワクハラハラさせてくれる試合だった。

 

結局そのまま引き分けで終わり、この試合でのノジマの優勝決定は阻止。したものの、まさかのちふれ横浜FCに引き分け、優勝が決定。勝ってても優勝は決定でした。

 

表彰式が始まり、悔しそうな表情でセレモニーを見つめる桜なでしこ。来年は自分達が。てみんな思ってたかな。

 

決定機を2本も決めれなかった田中智大いに反省して参入戦で挽回してくれることでしょう。いやホンマにあれどっちか決めとけよ〜。。

 

さて、次節は最終節。今まで勝ったことのないチームとの試合Part.Xです。

日体大。絶対勝つ!

 

 

今日の井上。

を上回るやつがあったので休止します。

f:id:toraxcross:20161015090802j:image

吉澤、、、そういえばスタジアムDJから名前間違えてた旨の謝罪がなかったな。うん。