読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

最終節日体大@南津守

早いもので最終節。

勝てそうで一度も勝てていない日体大に 勝てばおそらく3位が決まる試合。

 

南津守のスタンドにはトップチームの岡山アウェイを放ったらかして来てる人が沢山。

その中に昨日埼玉スタジアムで負けたチームGのユニを着てる親子が。一体何がしたいんだか。。。

 

 

早々と今シーズンの目標だった残留を決めてあとは「今まで勝ったことのない相手に勝つ」ことをモチベーションに頑張ってきた後半戦。

日体大もその一つとあって気合だけは満点。

 

だったけど、序盤は相手の狙いに翻弄される。低く保った最終ラインで横に回してサイドのマークが甘くなったところで一気にロングボールを放り込んで押し込んでくる。

セレッソも勝岡、筒井の両CBを中心に集中して守っていたが、先制ゴールは日体大に。

 

警戒していた植村のスピードで裏を取られると、シュート性のクロスに飛び込んだのは児野。体を投げ出してねじ込むといういかにも児野らしいゴールを奪われたが、セレッソの切り替えは早かった。

 

わずか2分後、勝岡の縦パスを受けてしっかり溜めを作った明華から志歩へ絶妙のスルーパス。ここ最近キーパーとの一対一に抜群の弱さを見せていた志歩だったが、落ち着いてキーパーをかわして流し込み同点。

ここ数試合抜群のキレを見せていた8番がやっとゴールという結果を残せたのはホンマに良かった。

 

その後ペースを掴んだのはセレッソ。失点後に守備が安定したことでピンチらしいピンチは無く、執拗に相手を追い回す戦術玉櫻がいい具合にハマり、終了間際にはPA内でキーパーに倒されPKを得るも、筒井の置きにいったシュートは軽く止められ、勝ち越しならず、そのまま前半終了。

筒井、あれは得意のズドンでいいよ。

 

 

後半もその流れのまま攻勢に出たいセレッソ。一方の日体大は徹底してサイドの裏。

両チームともチャンスは作るものの得点までは至らずという展開が続く。チャンスの数という点ではセレッソが圧倒していたが。。

 

しかし、前半から飛ばして低く保った最終ラインを追い回していた玉櫻、明華が後半途中から疲れを見せ始めており、玉櫻に代わって田中智が入った直後に中央で崩して訪れたチャンスも明華がシュートを抑えきれない。

 

この膠着状態を破ったのは林穂之香。わずかなスペースを見つけてミドルを放つと、ボールはキーパーが触れるもののバーに当たり前に溢れる。

キーパー、ディフェンスとも反応が遅れる中、詰めたのは8番。

 

2年前のコスタリカでの決勝の志歩→明華のゴールを思い出させるゴールは値千金の勝ち越しゴール。もしかしてリードを奪ったのも初めて!?

時間は80分。本来なら守り抜け、なんでしょうけど、桜なでしこにそんな戦術は存在しない。ということで、松原ハットが見た〜い!ですよねー。

 

で、そのハットチャンス、ありました。打ち切れませんでしたが。

うん、まだまだ伸び代ありますねぇ。

 

ここでやられることもあったけど、最後まで集中して守れるようになったのは成長の証。

そのまま2-1で終了。ちふれがきっちり愛媛に勝ってくれたので3位でフィニッシュ。昇格1年目で上等過ぎな結果やけど、来年はもっとやれそう。

 

そう。1部挑戦!こんなに早く狙えると思わされるとは思ってなかった。

今シーズンはあと皇后杯、チャレンジ参入戦、全日本ユースと残ってるけど、来年もますます桜なでしこから目が離せない!!!

 

 

今日の井上。

ご機嫌さんで何より。ピッチ外では声がでかい!

まだまだ伸びるぞ!てことで個人幕は()