読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地を這うクロス

セレッソ大阪、セレッソ大阪堺レディースを中心に、サッカーのことをつらつらと綴る駄ブログです。

いざ、全国へ

皇后杯全日本女子サッカー選手権関西大会 三位決定戦。

すでに皇后杯本大会出場を決めている日ノ本学園高校、大阪体育大学に続き、

残りの本大会出場枠は、セレッソ大阪堺レディースバニーズ京都SCが取り合うこととなった。

今シーズン最後の試合となるか、約1ヶ月後の本大会にコマを進めるか。

 

奇しくも同じチャレンジリーグで今年一年を戦い抜いた両チーム。

対戦成績は1勝1敗の五分であるが、直近の試合では4-1で圧勝していたC大阪堺

対するバニーズは終盤に調子を上げ、セレッソが3-9で大敗したノジマに1-1で引き分けるなど、

本来の強さを取り戻していたようにもうかがえる。

この1週間、C大阪堺はバニーズに勝つことだけを考えて練習していたようであるが、

対するバニーズはどうだったのか、そのあたりも気になる。

 

C大阪堺のスタメンは、GK福永、DF志摩、東、藤原、森中、MF林、井上、西田、前川、FW宝田、野島。

ベンチに石躍、橋満、田中、玉櫻、勝岡、脇坂、矢形。

 

初めての三木総合防災公園陸上競技場での観戦となった。

f:id:toraxcross:20131020101400j:plain

f:id:toraxcross:20131020095400j:plain

小雨の降る中、試合開始。試合が動いたのは開始直後。

キャプテン西田が相手のプレスをかわしてフリーになったところで左足一閃。

太陽が丘で決めたあのスーパーゴール(2点)のリプレイを見せられたようなシュートで先制。

相変わらず視野の広さとロングボールの正確さは抜群である。

本人曰く、「入っちゃいました~♪」とのことであったが、来年のバニーズ戦でも同じゴールを決めてくれることを期待してしまう。

 

その後、コンパクトな陣形で相手に対して素早くプレスをかけ、ボールを奪ったら細かくつないで相手ディフェンスラインや逆サイドの裏を狙うサッカーで大半は試合を自分たちのペースで進めていたが、追加点をなかなか奪えない。

しかし、AFC U-17アジアチャンピオンメンバーのGK福永とCB志摩、東が鉄壁のディフェンスで相手に大きなチャンスを作らせない。

結局そのまま前半終了。

 

後半開始と同時に、宝田に替えて玉櫻を、雨のせいか調子の上がらない野島に替えて矢形を投入。

正直、この采配には???となってしまった*1が、すぐに期待を裏切ってくれる。

開始後すぐに前川からのクロスにまさかの頭で合わせ、追加点。

こうやって伏兵(といったら失礼かもしれないが)がどんどんと活躍するようになるのは非常にいいことであるが、あまりに大穴すぎると応援している方も個人チャントを用意していないことがあるため、あたふたする(笑) 我々サポーターも準備して試合に臨まなくては、ということですな。

 

その後も安定した試合運びで追加点こそ奪えないが相手にチャンスを与えない。

非常に感動したのは、ボールを奪われた直後の守備。

奪われた本人がボールを奪い返そうとボールホルダーにプレスをかけると、一斉に他の選手はそのボールホルダーの平行より前へのパスコースにプレスをかけていく。すると相手はボールを下げざるを得ない。ここですぐにディフェンスをリトリートさせてブロックを作る。

こうやって書いたり言ったりするのは簡単であるが、全員でベクトルを合わせて行うのは簡単ではないはずである。日々の戦術練習での理解以上に、フィジカル面(特にスタミナ)が重要になる。前日の練習でも、ボールを奪われた後の攻守の切り替えを徹底していたが、まさに采配的中といったところか。来年のチャレンジリーグでBクラスという目標を達成するには、この上に個々の技術を伸ばしていかないといけないが・・・

 

脱線したが、試合は結局そのまま終了。

勝利の歌「皇后杯へ行こう」は格別のものであった。

f:id:toraxcross:20131021154036j:plain

(写真:【セレッソ】皇后杯出場決定【セレッソブログ】 より拝借致しました。)

 

次は全国の舞台。格上との対戦となる可能性が高く、勝利は厳しいかもしれない。

しかし、信じている。彼女たちが"CEREZO PRIDE"を魅せてくれることを。

*1:矢形はこの日のメンバーの中で一番小柄なため、雨で滑りやすくなったピッチではそれをカバーできるフィジカルが足りないのでは、と思っていた